スロット台 店舗案内

ポワンと光る

6月24日は新装開店10時OPENです。

先日のブログでも書きましたが、導入台はハッピージャグラーVⅡとミラクルジャグラーK、各2台ずつ導入です。
FANTASYLANDのジャグラーは現在、

アイムEX  =16台
アイムAPEX= 6台
クラシック  = 2台
ラブリー   = 2台

合計26台です。
24日に4台導入して、合計30台になります。

各ジャグラーのレイアウトも変えますので今までと少し違ったジャグラーコーナーになると思います。

ハッピージャグラーV2は明日納品予定。
今まで中古のジャグラーばかり見てきた私にとっては新品が到着するなど夢のようです。

ハッピーはLEDのGOGOランプを「いかにして豆電球の様にポワンと光らせる事が出来るか」に拘ったとメーカーの人から聞いています。
ジャグラーを打たない人からすると、「ポワンと光るのが何なんだ?」と思うかもしれません。しかし、GOGOランプが豆電球だった頃からジャグラーファンの間では「ポワンがいい」と言う人が多数いたのです。

完全告知台ではない機種にも、様々な告知ランプが多数搭載されています。このランプが光ればARTが確定とか、このランプが光れば〇〇〇が確定と言ったように、ランプの点灯はスロットにもパチンコにも付き物ですよね。

しかし、神々しいランプはなかなか光らない(様な気がする)ものです。
それに比べてポワンと光るGOGOランプは今にも光りそうな気がすると言うのがジャグラーファンの言い分なのです。安っぽいランプは今にも光りそうな気になってしまうという事なのでしょうか?
そして何を隠そう私もそんな気がしてしまう一人なのですw

GOGOランプが光る事を「ペカる」とか「ペカった」と言いますが、「ピカる」と言うより、「ペカる」と言う方が安っぽい感じがしますよね?
この安っぽさが、「今にも光りそう」と言うイメージに繋がっているんですね。

ハッピージャグラーV2をまだ打ったことが無い方は是非「ポワン」を一度体験してみて下さい。
そうすれば「ポワン」の意味が分かってもらえると思います。










-スロット台, 店舗案内

Copyright© SWAT BLOG , 2020 All Rights Reserved.