パチンコ・スロットを わかりやすく伝えるブログ

SWAT BLOG

店舗案内 業界情報

大海物語3特別先行展示会 Part2

今回の大海3は今までの海とはちょっと違います。

株式会社三洋物産 代表取締役副社長である金沢全求氏は5月に日本遊技機工業組合(略称:日工組)の新理事長に就任したばかり。日工組とはパチンコ遊技機等製造会社35社で構成する組合です。

金沢理事長は「回ることで大当たりへの期待が持てて、安価に楽しめる」“回る回るパチンコ”の開発を推進したいと表明しています。

ファン人口減少に歯止めをかけるには回るパチンコで遊技機のスタンダードを変える事から始めようとも公言しています。それを変えられるのは、先ずは海物語からだと言うのです。

大海3は金沢理事長にとっても、絶対に失敗できない新たな挑戦なのです。

いざ飛天の間へ!

1

既に2百人近い行列が。

ディズニーランドのアトラクションの様に、30人位ずつに区切られて暗闇の個室に通され、先ずは「まわるんパチンコ」の必要性をモニターで刷り込まれます。

4

6

3

そして入場です。

7

9

嬉しいのは飲食無料。

10

11

「生海苔おろしそばイクラ飾り」と、「まわる巻き寿司」、サウザンアイランド・ブルーを注文。

12

イクラとウニの蕎麦って・・・
贅沢です。

13

113

112

3Dサウンドの体験コーナー
8

マリンちゃんの「リーーーチ!」の掛け声が3Dサウンドで聞こえたら激熱。大手電機メーカーの最新技術を使用した3Dサウンドは驚きの臨場感です。パールフラッシュの音も3Dになる時があり、体験してみましたがスゴイの一言。

14

本物ってきれいですね。

15

19

6代目ミスマリンちゃん3名も登場

25

6代目マリンちゃんはネットでは何度も見ていて、特に何とも思いませんでしたが、一番手前の美月さんは実際に見ると相当可愛いです。

16

22

24

20

23

そしてこれが噂の「まわるん電チュー」です。

21

青い矢印が連なって書いてあるプラスチックの板状の物が「まわるんスライダー」。
プラスチックにしてしまう事で、電チュー(電動チューリップ)への玉の寄りが釘の角度に左右されなくなるのが三洋の狙いです。

まわるん電チューは約30秒に1回、約1秒間開き、1開放あたりの入賞個数は驚きの約1個!
今までの電チューのように時々拾う程度ではありません。1分間で2回もまわるん電チューが助けてくれる計算です。
他の海物語系の1分間の回転数はざっくりですが約6回ですから、電チューだけで2回も回ったら、かなり回転率がアップします。沖縄3の回転と比較して129%だそうです。

勿論、その回転率アップのしわ寄せがどこかに現れるのですが、大当り出玉が約1330個になるのと、連チャン率を若干落としています。

出玉を減らして回転率を上げる。

これが三洋物産が辿り着いた結論だという事です。

海物語シリーズはカワイイ顔して実は出玉性能が非常に高い機種。短いリーチが回転効率を上げ、短時間でも大きく勝てるのも魅力でした。

しかし敢えて三洋は回転率に着目し、業界をリードしていこうという戦略を選んだのです。
たぶん多くのメーカーが追従してくることでしょう。

最後に豪華賞品が当たる抽選会に参加。

26

もうちょっと当選率上げた方がいいですね。
まわるんパチンコの展示会なんだから、「今回は特別一人3回まで回せます」なんてサービスがあったら契約率も上がったはずです。

お土産ももうちょっと頑張ってください。

27

巨大メーカー三洋の特別先行展示会はやっぱりすごかった。

28

震災で先端が曲がった東京タワー。

アレ?直ってますね。

↓(無料)最新の投稿を通知する










-店舗案内, 業界情報

Copyright© SWAT BLOG , 2019 All Rights Reserved.