パチンコ・スロットを わかりやすく伝えるブログ

SWAT BLOG

スロット台 業界情報

6号機第一弾

投稿日:

6号機第一弾、『HEY!鏡(大都技研)』。
業界人もファンも誰もが注目しています。

kagami

スランプグラフの実績データを調査してみましたが、5000枚OVER比率を見る限りでは高射幸性遊技機に比べるとかなり控えめの出玉になっています。6号機なのですからそりゃあそうです。

業界で「コイン単価」と呼んでいる「アウト(IN枚数)1枚当たりの売上額」はジャグラーと同じような金額ですから、それを見ただけでもそう簡単に万枚が出ない事は明白です。その分千円当たりのゲーム数は49.8Gとなっています。

1時間打ち続けて一度も出なかった場合(MAX878G)、千円30ゲームの機種なら29,200円ですが、千円49.8ゲームなら17,600円しか負けません。そういう意味では健全化に向かっていると言えますね。

↓(無料)最新の投稿を通知する

よく読まれている記事

1

「絆高確のシステムがわかりづらい!」・・・と皆さんも思いませんか? 絆高確の仕組みを極力初心者の方にも分かりやすく解説します。これを知ってるのと知らないのでは絆を打つ時に面白さが大きく変わってきますの ...

no image 2

今日はパチンコ店で多くの人が遭遇する、身近に潜んでいる危険についてご紹介します。 私も今まで何度かありますが、座ろうとしたら残高有りのカードだけが挿入されている・・・ そんな経験はありませんか? そん ...

no image 3

「O以上」とは「ゼロ」や「丸」じゃなくて、「オー以上」です。「モード移行テーブルO以上」の事です。 高設定に座りたいのは誰でも同じですが現実は厳しく、そう簡単に高設定に座れるものではありません。むしろ ...

-スロット台, 業界情報

Copyright© SWAT BLOG , 2019 All Rights Reserved.